結論から言えば在籍確認無しのカードローンはあります。

在籍確認電話

一般的に金融業者からお金を借りる場合には、カードローン審査に申込みを行って、業者毎の審査基準を満たす事によって借金が可能になりますが、審査時には在籍確認の為に勤務先に電話連絡が来る仕組みになっているものです。この時にかかって来る電話は業者の名前でかけてくるわけではなく、個人名にてかけてくれますから、勤務先にカードローン審査の申込を行っている事がバレるわけではないですし、確認作業自体は非常に短時間で済みますし、自身が会社に居なくても在籍しているという事さえ解れば問題ないと言えます。

 

簡単に住む在籍確認ですが、それでも確認電話がある事に抵抗を持つ申込者は沢山居ますし、金融業者側も利用希望者のプライバシー保護やニーズに応える為に在籍確認無しで審査を行ってくれる業者もいくつか存在しており、ある大手業者は在籍確認連絡無しで取引を行える仕組みが整っているところもあります。

 

ある大手消費者金融の場合は勤務先の保険証の準備を行なったり、給料明細の提出を行う事が必要になり、在籍確認を避けたいという事を業者側に伝える必要があります。別な大手消費者金融の場合はインターネット経由で行うWEB完結申込ならば勤務先に在籍確認の電話が来る事もなく、申込みや契約の書類に関しても郵送される事もなく取引を進めていく事が可能であり、非常にプライバシー重視してくれる業者になっていますし、いずれにしても審査クリア出来るだけの返済能力を備えておく事は前提になりますが、在籍確認無しのカードローンは可能という事です。

 

カードローン審査にクリア出来るかどうかの条件は返済能力の確認となり、業者によって基準は違うものの年齢や年収、職種、借金歴のような第三者目線で確認可能な要素をチェックして判断する事になっています。ですから主観判断になるような顔付きや話し方、仕草、雰囲気等のような要素で返済能力を計る事はありえないですし、提出書類は運転免許証等の身分証明書類を提出すれば、一社から50万、複数社から借金総額100万円を超えない場合は収入証明書類の提出は必要無く、審査書類は身分証明提出だけで良い仕組みが一般的なカードローン審査です。

 

カードが届くなどの手続きは同じ

カード配達

在籍確認なしカードローン審査に通ったとしても、返済をルール通りに行わない場合は勤務先や自宅に電話や郵送物が届く事になりますから、借りたお金は確実に完済出来るような計画的な利用方法が望ましいですし、まずは返済の計画を具体的に立てた上で利用する事が望ましいと言えます。普段の連絡等はメールでのやりとりになりますし、金融業者の利用は業者に直接行かなくてもネット経由で申込みから審査、契約、振込、返済と全ての流れを行えるようになっていますし、非常に利便性が高いサービスが展開されていますから、忙しくて業者の店舗に直接行く時間が無いという方でも簡単に利用する事が出来るものです。

 

返済契約を立てる場合には完全に返済が終わるまでの日数を計算したり、利息負担の総額も計算に入れておく事が有効であり、そこまで具体的に返済の計画を立てる事が出来ると、返済生活で困るような事態を事前に防ぐ事が出来ます。無計画に利用すれば返済生活中に何かお金が必要な状態になったりすると、返済生活が苦しくなったり延滞や滞納をしてしまう事もありますし、そうなれば折角在籍確認なしのカードローン審査を希望して、周りに知られる事無く借金出来たものの、連絡が来て周りにバレてしまう事態に発展しますから注意が必要です。

 

延滞や滞納のようにルールを破って連絡が来てしまうのは自業自得という事になりますから、その点には注意して借りる事ばかりを意識するのではなく、返済への意識を高めた上で在籍確認なしのサービスの特徴も知って利用する事が望ましいと言えます。


更新履歴